スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

下大雨了秋风起了

午后的一场雨,迷迷茫茫如烟似雾,将城市汪洋成一片。

「云翻墨未遮山,白雨跳珠乱入船。卷地风来忽吹散,望湖楼下水如天。」苏轼的词句是如此恰如其分。只是我这里,欠缺含黛的远山、灵透的湖泊,楼下唯有一方人造的庭院,纤细的水流蜿蜒在造作的假山之间,两三株花树被雨渍得红湿翠重。

一分钟前头顶还有明丽的浮云,一分钟后像被冥冥中的手调暗了色调一般,有一会,天色宛如夜,好像蘸满墨汁的笔浸在清水里,霎时晕了开去。风卷着黄叶撒向昏暗的街上,行人都不自觉加快了脚步。远处高楼里星星点点的灯火在烟雨中迷离成一个个发光的彩色毛球。

我喜欢这洋溢着邪气的雨,颠倒晨昏无边无际,湿淋淋的千万只触角撞击在窗上,迸出脆响。

室内的日光灯发出梦一般的光泽,仿佛在轻轻摇晃。我停了手中的笔,望着窗外出神,玻璃映出我的影像与身后的房间,与白雨夜重叠在一起。

待得云渐开,风渐稳,雨又与常见的无甚二异了,变成令人厌恶的,不便的,没完没了的麻烦。


18:18 | 餘墨數點 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
青い車 | top | 愛與殺戮

comments

post a comment













秘密話

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://bodhicat.blog17.fc2.com/tb.php/66-054b68fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。