スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

秋になる

20050824204536.jpg

清風一揚,空氣中便添了六七分秋天的味道。

天高雲淡,成群的白鴿在屋頂上空打着圈滑翔。那樣舒暢的姿勢與圓潤的飛行線路,即使看著也讓人覺得很放鬆。

起風的日子,書頁被撲啦啦地吹閱的聲音煞是好聽,而我在擁擠房間裏追捕被吹亂的稿紙,也頗有種戲劇的感覺。

「微陰翳陽景,清風飄我衣。游魚潛淥水,翔鳥薄天飛。」

讀晉人的詩句,想像著明山秀水,雪月花飛,連心境也陡然清明澄了呢!

又到了學校開學的時節。雖然我的卒業已是過去完成式,在季令的生物鐘上卻仍然保留著讀書時的印記,秋天之於我,總像是具有某種「開始」意味的時間。

與春的慵懶、細碎迥異,秋天總能激起敏銳而又豐盈的遐想。初秋微涼的風,夏天留下來的繽紛顏色,不冷不熱的陽光的調子,都令人無端地感到愉快。既便到了深秋,萬物寥落,也仍有種疏峻枯淡的美。

つづく


21:39 | 餘墨數點 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上超女投票的末班车 | top | 等等:「關于愛」

comments

post a comment













秘密話

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://bodhicat.blog17.fc2.com/tb.php/54-18725021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。