2010年 01月
12 | 2010/01 | 02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

【昔時筆記】《我和花草有約》


很可愛的一本小書。小巧風趣的文字,略帶戲謔的手繪。

園丁的十二個月,穿插相關的園藝大小事。小小一本,很適合喜歡植物的人閱讀。

相較於台灣的盆栽、園藝類書,它更為務實,少了許多情調和浪漫色彩。它的目的不是勾起人們對一座潔凈、雅致的花園的想象,它描寫的“園丁”也不是穿著乾凈的棉布衫,攜帶著書卷氣的文藝青年。整本書散發著泥土的潮潤香氣。連珠般的語調洋溢著勞動者特有的樸實與生活感。不必刻意停下來思考,因為思考早已滲透園丁生涯的時時處處。

>>Read the rest of this entry…
スポンサーサイト
17:23 | 委懷在書 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。